« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の4件の記事

2006年12月24日 (日曜日)

クリスマス こうすごしてます。

Ts320189_1 メリークリスマス★

今日はクリスマスイブ!なのにうちは昨夜のうちにケーキを食べてしまい今日はこうしてブログしてます。
ケーキはこんな感じです。後ろに写っているのは我が作『フラワーアレンジ❤』

そんな訳で、クリスマスイブのイベントもなく子供達は各自の部屋の大掃除。

テレビで観た『ブラマヨ』の部屋のように、ノミ・ダニばかりか、大腸菌・バクテリアが繁殖してしまわないように、シンプルに生活する!(よく生きているなぁと感心=寒心)

「※3年、使わなかった物は捨てなっ!」と大威張りで言い放ち、母(私)はこうしてブログを… 
※この精神は大事です。それから余分なものは買わない。

あっ!…私も旦那に捨てられるかも\(’△’)/~~

 いいやっ!そんなことはない!!

旦那へ!いろんな意味で使わなくても、とっておく価値ありだから、肝に銘ずるように。

★★★…★★★…

今日は年賀状を作成したが、今回はイノシシ年だし、特に威勢のいい猪突猛進な図案(?)でいく事にした。

なんつっても、今年は思いがけず乳がんで片乳切除!…持ち前のガッツで乗り越えOK牧場だったけれど、来年はそのような災難に見舞われないように、気を引き締めて…

気を引き締めて…気を… …何したらいいんだろう?どう気をつければ???
別段、不摂生もしてないし、ほぼ規則正しい生活。これ以上 何を…

なるようにしかならないかぁ~(^‐^)∨

「モノは考えようで不幸にも幸福にも感じる」と宇野千代さんのエッセイに書かれていたっけ。

ほんと、そのとおり。読書で得るモノは多い!!

こんな私でも、本を読んで励まされたり共感したり、本には感謝♪この一年ありがとう。

特にお世話になった作家の皆様は

  • 下田治美さん…ハルさんの日常を綴ったエッセイ、母親として参考になりました。私もハルさんちのように子供が18歳になったら手切れ金を渡して自立してもらいます!(是非そうしてもらいたいです)
  • 群ようこさん…エッセイ 素直に笑えました。
  • 田辺聖子さん…大阪のエッセンスの効いた『オバタリアン』な中にも一本芯の通った哲学のあるエッセイ好きです。
  • 宇野千代さん…世代を超越して、やさしく強く訴えてくるエッセイ。肩に力が入りすぎた時に読むと気持ちが楽になりました。

以上、特に40代にはお勧めです。

まだまだ、お世話になった作家さんは数知れず…
来年も、時間を見つけては本を読もうっと!

2006年12月14日 (木曜日)

術後のパットの作り方★

Ts320164_2 まず、先に申し上げておきますが、この同じ記事の作成を今日は2回もやっております。

…と申しますのも、私(わたくし)明日は年休…めでたくもお休みを頂いておりまして、だったらチューハイの1杯ぐらいいいだろうと、記事を作成しながら、チビチビやっておりました(今もやっています)。

したらば、指がチョッとどこかのキーにあたっただけなのに、さっき9割方書き込んだ記事が一瞬にして消えてしまいました!!

どどど、どこにいったぁ~っ!!

善良な心優しいどなたか、なぜこのような事態になったのか教えてくだされ。
そして、こうならないためには…どうしたらいいのか、教えてたもれぇ~(泣)

どこ押しちゃったのかなぁ…

★★★…★★★…★★★…★★★…★★★…★★★

さて、表題の乳がん手術後に下着にしのばせるパットの作り方、以前もブログに載せましたが、ありがたくもこの記事を読んでお問い合わせが来ましたので、調子づいてまた作り方載せちゃいます❤

「乳がんでもへっちゃらパット~」 (ドラえもんか)

写真も小さいですが添付しましたので、参照しながら…

材料: 市販のパット (キャミソール・水着に入っている物でOK牧場)※ここ大事

    ワタ  (洗濯に耐えるよう化繊の綿がいいです。百円均一で売ってます)

    あて布 (15cm四方あれば足りる。素材はTシャツの布がいい)

作り方:

  1. 市販のキャミソールまたは水着に入っているパット、また店によっては下着売り場にパットだけ売っているのでそれを利用します。我が町の「ファッションセンターしまむら」にはかさ上げ用のパットが売っていましたのでそれを利用しました。
  2. パットの山にワタを詰める。…量はお好きに加減してください。でも少なすぎると洗濯した時にワタが偏ってしまう可能性あり。
  3. パットにワタを詰めたら、それに蓋をするようにあて布を縫い付ける。あて布はTシャツのような素材が伸縮性に優れていてGoodです。…子供の小さくなったTシャツを再利用しました。

以上、簡単です。10分もあれば完成!!

写真が解りづらいかもしれませんが、『どらやき』を想像してください。
餡子=ワタ、上の皮=市販のパット、下の皮=あて布

安い・軽い・洗える  

手作りのパットお試しあれ❤

※見栄を張って、ワタをたっぷり入れて大きいパットを作ると、胸の左右のバランスが悪くなるので要注意です!

では、今日は酔っ払ってきたので、このへんで おやすみなさ~い。

2006年12月10日 (日曜日)

ゲラッ×③ パァ~リ、ラ~ な気分

♪ゲラッゲラッゲラッ、パァ~リ、ラ~♪

Burog 先週の水曜日、行って来ました!

中森明菜 デナ~ショー❤」

これはその時の気合の入ったわたくしめのお姿であります。
すべてに気合を入れすぎて、顔が火照ってしまい、のぼせて気絶するかと思いました。(例の薬で更年期症状がでているのかしらん?)

仲良し主婦4人組でタクシー(運転手は冬彦って名前だった、マザコンかっ)で会場となるホテルまで乗りつけ、8時半からフランス料理&飲み放題←と言っても、梅酒とかカルーアミルクとかはさすがになく、お上品なワインと庶民的なビールくらい。

そして!9時半からショーの始まり(1時間)!

かわいかった。ちょっと遠くてよく見えなかったけど…

1年の〆の贅沢だと思い切ってみたが、ほんとに贅沢しちゃったなぁ。
家族の手前 ここであえて金額は申しませんが、ほんとに贅沢です。

会場には40代~50代の女性6割、男性4割といったところか…
…お一人で来なすった殿方も多々おり、食事はひたすら食べて、
ショーが始まったとたんに、双眼鏡でガン見!!
『いったい、どこを見てるだか…引くよね、フン!』と主婦はその姿を見て語っておりました。
20年前はアイドルの追っかけをしていたオヤジでしょうか!?

最後の曲で気持ちよく『合いの手』も入り、お開きになった次第です。

ハァ~ドッコイ!

★∴☆…★∴☆★∴…☆…☆★

さて、今年も残すところ後わずか…
今年の反省はまた今度にするとして、まだ年賀状を作ってない…

年末のイベントに関しては、「クリスマスのプレゼントは現金でいい」という娘達だから、プレゼントの心配はしなくていいと。(…夢はないが、年寄りが刺身を食べている横でクリスマスパーティー気分にもなれないし…『風呂沸かしてくりょ~』とか言われても…(;_;)
こういう時こそ、核家族だと盛り上がるんだろうね、う~ん 羨ましい★

クリスマスには…

本当に、私達のような 一般ピープル でも、七面鳥とは言わないまでも鳥のモモ肉を食し、シャンパンで乾杯~♡と家族でやっておられるのでしょうか??
プレゼント交換とか…ロウソクを灯し、クリスマスソングのBGMとか流しちゃったりするのでしょうか?
その際、部屋の中の純日本風な物が視野に入ってちょっと↓にならないように、やっぱり部屋の中も洋風に飾るのか…
私としては、仏壇の戸は閉めたいな、うん。

皆さんのご家庭はどうですか?

特に40代主婦、両親(じじばば)と同居の方、お尋ねします。m(‐。‐)m

2006年12月 3日 (日曜日)

44歳、休日のボヤキ

この休日も終わろうとしている…神は私に休息をお与えにならないのか!?

つうか、マジ疲れた、祖母の一周忌。←今日済んだ。

もうそろそろ、派手な葬式・法事関係は終わりにしませんか!?ええっ。

皆さん 生きているうちに充分楽しんでください。オバQ(仏様)になったあかつきには、何も望まない。それでいいじゃん。なのに何故…法事という面倒なものがあるのか臨済宗っ!
臨済宗に限らず、法事はあると思うが、田舎の派手な法事はいかがなものか。

ほんとに、ヤダ!

一日女中だよ、女中!撤収して最後の湯のみの片付け、掃除機がけが やっと終わった頃には、こっちがオバQになりそうなくらいヘロヘロ…それから夕飯の支度なんて無理、小池さんのラーメンを食べさせてもらわなきゃ(オバQで登場したあの人)

世の男性方にもの申したい!!

一度でいいから、交代してみて!いや、交代しろ!

★∴…☆‥∴∴★‥‥☆…∴★∴‥

近頃、術後の経過も絶好調で、腕のむくみはないし、傷はまだケロイド状態だけど、以前よりは肌色に近くなってきた。
たま~に腕の付け根が痛いかな~ぐらいで、クワガタ先生に 感謝です❤
きっと、リンパ節を一部採って細胞を調べたから、それが原因でたま~に痛むのだろうと…(勝手な解釈)

…が、この元気な姿に、家族も慣れてきて、退院当初のやさしさ…思いやりが見られない、あれは幻かぁぁぁ、ぁぁ!
なので、姑息な手段に出て、時々 腕が痛い振りをする!(たまには痛いから、まんざら嘘じゃ~ない=神も仏も許す、OK牧場)

これは大事です!ぜひ手術経験者の方にお勧めします。

なぜなら、いくら便器元気に見えるって言ったって、所詮 がん患者 なんですから。

いつ再発するかも解らない…可能性ゼロじゃないんだから。
少しは脅かして家族の気持ちを引き締めてもらわないと…
私に万が一の事があっても、自律&自立して暮らしていけるように。

それに、うちの家族の場合、特に旦那が私を頼りすぎ。
旦那は、頼られていると思っているかもしれないけれど、よく考えてみ…

子供が保育園の年齢になるまでは、私が子育てに専念していたんで、仕事はできなかった。確かに、旦那に食わせてもらっていた。
今の自分も 子育てが一段落したところでの社会復帰だから、そこそこの給料しかもらえない。

でも旦那は子育てを女房に任せっきりだから、ずっと仕事は続けられる=高給なのは当たり前、しかも家事は共働きだとしても、比重的には旦那の方が軽い。だが、金ではない!!
自治会もPTAも、仕事が忙しい旦那に代わり、わたくしが頑張りました。
旦那よ、子供より先に自立しなさい!!
ご飯はありがたく食べて、たまには片付けもしてみ。

今後、50、60歳と歳をとっていくうえで、どんな夫婦になりたいか…
今の時点では、旦那と大きな温度差があるような気がする。
…今後の課題だなぁ。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31