« ブログ村の病気ブログに参加しま~す | トップページ | 携帯から・こんにちはぁ〜 »

2007年2月26日 (月曜日)

セカンドオピニオン…今思えば

にほんブログ村 病気ブログへ

著者 リボンの会

『乳がんなんかで泣かない―涙を微笑みに変えるまで』

この本を読んでいます。…9名の30代の乳癌患者の闘病記です。

ここで皆が声を揃えて言っているのが、早期発見もそうですがセカンドオピニオンの大切さ。

そうだよね、普段の生活の中だって一人の判断より二人…三人…と違った視点で捉えて問題解決した方がよさそうだもん。※多すぎるのもどうかと思うけどさ。

『三人寄れば文殊の知恵』(漢字 あっているでしょうか(?_?) )

という私も8月のブログの中で書いたとおり、セカンドオピニオンには行きました。

1番目の病院★通院可能な距離★以前に母が入院して様子が解っている★巷の評判とか★ホームページも熟読して決定した。

乳腺外科の先生は3人おられるようだが、とりあえずはどの先生でもいいやと、一刻も早く診察してもらうようにしたっけ。

で、初めからズッとお世話になっている担当医のクワガタ先生は、一目観て波長が合うと思った。
(^o^)丿ヽ(^。^)ノ
…といっても愛してしまったわけではなく…どう言ったらいいんだろう…
好感が持てる…一緒に酒も飲めそうだ(クワガタ先生は嫌がるかも)といった感じかな。

場所が場所だけに(オッパイ見られる触られる)、担当の先生に毎回鳥肌たててちゃ、いかんし。(@_@;)

これまた、手術して「はい、さよおなら」じゃなくて5年は付き合うんだから、余計に担当医が信頼おけるか…波長が合うかという点は大事にしたいよね。
お互い生身の人間だし…

だから、直感で『よっし!!(^◇^)』と感じた このクワガタ先生に執刀してもらおうと初っ端から内心決めておきながらも、セカンドオピニオンを申し出てみた。

…はたしてこのクワガタ先生はセカンド‥に対して怪訝な顔をなさるか否か??

『セカンドオピニオン いい事ですね。ぜひどうぞ。資料と紹介状も揃えますよ』と♡

さすが、角刈り!!声でかい!! クワガタ先生にして良かった!

ここからはセカンドオピニオンでの話し★

S病院のクワガタ先生の治療計画を聞いておいて、県立がんセンターにセカンドオピニオンを依頼した。( ..)φメモメモ

がんセンターは「がん」がつくだけあって、最新医療設備で
付き添ってきた旦那と一緒に「ヒェ~ホォ~ッ」と感心するばかり。

持参したマンモの画像が解り難いと言いながらも、所見では乳頭を残す手術ができるかもよと

…「言い換えれば、饅頭の皮だけ残して餡子(癌を含む乳腺全体)を採るって事ですか?」 

 どうも、そうらしい。《旦那喜ぶ\(~o~)/= 私 残した皮膚に癌が残っていたらどうしようと複雑(゜.゜) 》

素人判断でも皮が残れば、ニセ餡子を詰めれば元に戻る…と旦那は考えていたと思う。いや、あの顔は考えていた。

それでも、持参資料の画像が解り難いからマンモでもう一度四方八方から撮ってみましょうということになり、左乳をのしイカ以上に薄っぺらくされ)^o^(撮影。
そのマンモで撮った映像をPCですぐに見せて説明にはいる。

先生曰く
「あぁ~、(-_-) やっぱり温存しない方がいいねぇ。乳頭のすぐそばにも石灰化が見られるから全摘かなぁ」と。

饅頭の皮もダメでしたかぁ」 (まっ、命あっての私だし、仕方ないか)

付き添ってきた旦那も この先生の言葉で、温存を諦めた…と思いきや、
あいつ(旦那ね)は相当 オッパイ好きとみえて、
「乳房同時再建はどうでしょうか?」と先生に伺っていた。

ちょっと×3、患者はこの私だよ!何をアンタは言ってんのぉ!?(?_?)

先生「再建は2年ぐらいたった後でもできるし、個人的には同時より2年後の方を勧めるね

旦那なおも「再建は …¢*☆♀∞*%¥…」 なんだかんだと切り込んでいく。
( これもオッパイが無くなると可哀想だという旦那の思いやりなんだけどね )

「先生の奥さんが私だったらどうします?」 ←自分の判断に迷う時はこう聞く(^_^)v

先生「今回は全摘して、本人が希望すれば2年後に再建かな♪」と言ってくれて、

今まで、温存や再建にこだわっていた旦那も納得したしだい。

セカンドオピニオン修了

結果を持って、S病院のクワガタ先生に執刀をお願いしました。

全摘です。

勿論、手術前にはクワガタ先生に「再建の意思 まったく無いですから、気持ちよく取ってください!」とお願いしたしだいです。(←あくまで、再建するかしないかは個人の問題)

それを聞いたクワガタ先生「あれ?再建考えてるって言ってませんでしたか?」と。

「…そりゃ、旦那です」  お互いしばし笑い (^0_0^) ブヒブヒ

結果: 3段階のグレード1 リンパ節転移なし

浸潤部の腫瘍 6×4mm (p_-) そんな早期で全摘ですか!と思われるかもしれませんが…

石灰化が広範囲に認められたため、全摘です。

この結果には、自分でも納得しています。
これもセカンドオピニオンを受けたたことにより、この治療法でいいんだという確信がもてたから。

セカンドオピニオン 申し出にくいなぁ…(-_-;)と悩んでいらっしゃる方がいたら、是非 考え直してください。後悔しないためにもです!!

« ブログ村の病気ブログに参加しま~す | トップページ | 携帯から・こんにちはぁ〜 »

乳がん治療」カテゴリの記事

コメント

私と、逆だわ~。私は、再建とか、乳頭温存って、考えてもなかったのよ。
先生から聞いて、ビックリしちゃったよ。
乳頭は、マリラさんの言う、饅頭の皮一枚残しての、くり抜きよ。
でも、要するに、自分が腑に落ちての手術に望めるのが、大事よね。それが、ない人が、多いんだよ。驚くよ、話すると。
お互い、良かったって言うか、ラッキーだよ。(じゃ困るんだよね)

こんばんは!
この本、私も告知された時にむさぼる様に読みましたよ。
マリラさん、信頼できる先生に出会えたのね!
良かったね^^
田舎なので、乳腺科は1つしかなくて・・・
でも、病院のやり方についていけず、術後2年を待って
近所の総合病院に転院しました。
やはり、なが~くお付き合いする先生だからお互い信頼できないといけないもんね。
結果、良かったと思ってます。
他の人には後悔してほしくないね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187806/14057537

この記事へのトラックバック一覧です: セカンドオピニオン…今思えば:

« ブログ村の病気ブログに参加しま~す | トップページ | 携帯から・こんにちはぁ〜 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31