« 久しぶりに「乳がんパット」 | トップページ | 頑張れ「しっぺい」 »

2013年4月24日 (水曜日)

終活の第一歩

「死に支度」 「終活」

Sh3h0032

…縁起でもない!!って思います?

40歳代で大病して、「死」が身近になりました。

まだ死にたくはないけど…死は怖くないんです。

いつか誰でも死ぬんだし、その分後悔しないように毎日をおくるよう努力してるし。

今日は1日、のんびり何もしない1日。…こんな日も必要!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

この書きだし…意図しない方向にいってるかも!?

とにかく、自分が終わった時(死んだ時)、遺された家族や周囲の人に迷惑がかからないように…余分な気苦労をかけないように、

今の課題は「お墓」と「お寺」との付き合い方、これを解決しなきゃと思ってます。

先祖代々の墓を持つ●●家も、自分が一人娘なのでここで絶えてしまいます。

嫁ぎ先の△△家の墓と、私の実家の●●家の墓…がひとつづつ、お寺も違う場所に。

まだまだ田舎のこの辺りでは、お寺との付き合いも深く、経費がかかるのは当たり前。

今では子供の数が2人を割っているから、新夫婦で二つの墓の面倒をみるもの珍しくない話しだろう…

男尊女卑なのか、結婚すれば男性の氏を名乗り、女性が嫁ぐのが一般的…女性の実家はその時点で継ぐ者はいなくなる。

私も母とも相談して…

散骨はまだ浸透していなくて、この田舎でやってのけるには勇気がいるので選択肢にない。

だったら、●●家(実家)としては、お寺と離檀して(この時点で無宗教派です)

公共墓地に新たにお墓だけ建てようという事にしました。

娘達の時代になったら、「両家墓」として広範囲な家族で利用してくれたらいいなと思って…

お墓の正面は「ありがとう」も文字。

無宗教なので、今までの戒名はやめて、父も祖母以前も名前を彫って供養します。

後ろに石板を建てて、名前を彫ってもらうようにして…そうすれば、名字が違って入ったとしても違和感ないし。

香の花ではなくても、供える花もなんでもいいはず。

全ては気持ちの問題!

先祖に「ありがとう」という感謝の気持ちでいれば、お経を唱えなくても神頼みしなくてもいい。

父の一周忌の時に、親戚に話し理解してもらって、公共墓地の申し込みを済ませ、

お寺にも離檀の了解を得て…5月中にはまた新しい何かが始まります。

仏様も神様も味方にせず、自分がしっかりしなきゃ!!

花粉症で頭が重いうえ、あれやこれやと考え悩む「春」です。

Sh3h0038

« 久しぶりに「乳がんパット」 | トップページ | 頑張れ「しっぺい」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

残しておきたい事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに「乳がんパット」 | トップページ | 頑張れ「しっぺい」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31